2015年02月27日

お家騒動

大手家具販売会社のお家騒動がマスコミを騒がせています。父親である会長と娘である社長との主導権争いですが、巻き込まれている社員にとってはたまったものではないと思います。会長の言い分もわからないではないですが、どう考えても娘たちよりは早く死ぬわけですから、いつまでも口をはさむのはいかがなものかと思います。任せた以上は完全に任せないといけないのです。娘も娘で、会社をここまで大きくしたのは父親のおかげであることを強く思わなければなりません。自分の実力で社長になったのではなく、会長の娘として生まれただけという幸運だけで社長になったのです。もっと会長の意見を尊重して、うまくやっていかなければならなかったのです。思い上がっていたとすれば、それはきちんと反省しなければなりません。会社を二分してしまった今回の騒動で、一番迷惑をしているのは社員です。このような状況が続けば顧客も離れていきます。お家騒動というのは確実に会社を弱体化させてしまうのです。
posted by kobayashi-keiei at 09:57| 日記