2015年05月14日

研修態度

アベノミクスのせいなのか、円安のせいなのか分かりませんが、最近、教育研修の依頼が増えています。少し利益が出たので教育に資金を回そうとする姿勢には、大変感心します。

しかし、そんな会社の期待とは裏腹に研修に参加する人の意識や態度には問題を感じることがあります。会社の研修は当然ながら会社がお金を出して個人でお金を出すことはほとんどありません。そのせいなのかどうか分かりませんが、学ぶ姿勢や意欲が欠如している人が目立ちます。一日中研修をやっているのに、一度も質問や意見を言わない人が本当に多いのです。質問を投げかけても、まともに答えようとしない残念な人もいます。もし、これが自分のお金で参加したのであれば、何か学ぼうと必死になって質問をしたり意見を言ったりするものです。

会議に出て一度も意見を言わなかったとしたら、その人は会議に出たことになりませんし、そんな人は出るべきではないのと同様に、研修に出て一度も質問や意見を言わなかった人は、研修を出たことになりませんし、そんな人は出るべきではありません。

研修を出す側の人に、質問や意見の回数をフィードバックするとよいのかも知れませんね。一度も質問や意見を言わなかった人は、二度と研修に出さないようにして欲しいものです。
posted by kobayashi-keiei at 16:17| 日記