2015年11月02日

やさしいISO9001 品質マネジメントシステム入門

12月10日に日本規格協会から「やさしいISO9001 品質マネジメントシステム入門」が発刊されます。時間をかけ魂を込めて書き上げました。できるだけやさしく多くの事例を使って説明していますので、理解しやすい内容となっていると思います。自信作ですので、ぜひ多くの方にお読みいただけることを期待しております。以下に“はじめに”の部分を掲載します。

はじめに

1987年に初めてISO9001が発行され、認証制度とともに瞬く間に世界中に拡がりました。我が国でも実に多くの組織がISO9001の認証を取得し、いまでは、認証機関のマークが入っている名刺を目にする機会があたりまえのようになりました。しかし、ISO9001という言葉には多くの人が触れるものの、その内容や意図していることを正しく理解している人は意外と少ないようです。
ISO9001は正しく理解し、正しく活用すれば、組織にとって有益な道具となるのですが、残念ながら生かしきれていない組織が多いのが事実です。それは、そもそも買い手に安心感を与え、お客様(顧客)の満足度を向上させるという品質マネジメントシステムの目的が理解されていないことやISO9001は品質マネジメントシステムの基本的な考え方を示したものにすぎないということが理解されていないためであると考えられます。また“ISO9001=品質マネジメントシステム”、“ISO9001=認証”というように簡単に考えていることも影響しているかも知れません。
本書では、ISO9001をベースとした品質マネジメントシステムについて、はじめて学ぶ方向けにやさしく解説しています。さらに先に述べた理解不足や間違った理解をしないように規格の目的や意図をできるだけ丁寧に説明しています。はじめて学ぶ方はもちろんのこと、ISO90001ならよく知っているという方や品質マネジメントシステムに携わっている方にも新たな気づきが得られるよう読み応えのある内容となっています。むしろ“ISO9001なんて何の役にも立たない”と思っている人にこそ読んでいただきたいのです。
本書を通じて、ISO9001や品質マネジメントシステムを正しく理解し、組織の品質マネジメントシステム改善や顧客満足の向上に生かしていただくことを期待します。

posted by kobayashi-keiei at 12:43| 日記