2020年05月07日

日本人の国民性

緊急事態宣言が延長となって、5月末までとなりました。相変わらず外出自粛が求められています。罰則もない中、地域によっては80%以上の接触減となり、日本人のまじめさが評価されています。海外では、おそらく無理でしょうから、日本人は本当に素晴らしいと思います。しかし、歪んだ正義感を持った人が、要請に応じて短縮営業をしている居酒屋に営業を妨害する貼紙をしたり、ものを壊したりしています。

これってとても怖いことだと思います。太平洋戦争の時も、「欲しがりません。勝つまでは!」とスローガンを出して、国民全員が不要不急なことや贅沢なことなどを自粛しました。もし、自粛していないと非国民とレッテルを貼られ、ひどいバッシングを受けたのです。これと似たような状況ではないでしょうか。パチンコ店が休業要請に従わず営業して、そこに多くの人が集まった映像がテレビで取り上げられ、多くのコメンテーターが厳しく非難していました。本当にやめさせたいなら、営業禁止命令を出すべきですなのでしょうが、営業していても法律違反ではないのです。にもかかわらず、あれだけのバッシングを受けるというのは、先の戦争のときの非国民扱いと同じように思えます。

これは、マスコミが煽っているのも原因だと思います。マスコミやネットニュースに踊らされないようにしなければなりません。
posted by kobayashi-keiei at 14:29| 日記