2016年11月14日

プロセスアプローチの教本

来月15日に拙著「プロセスアプローチの教本〜実践と監査へのステップ10」が出版されます。
「はじめに」をご紹介します。

はじめに

 品質マネジメントシステムの基本は“プロセスアプローチ”であると言われています,またISO9001の基本も“プロセスアプローチ”であると言われています.“プロセスアプローチ”とは簡単にいうと“品質をプロセスでつくり込む”ことなのですが,これがまたわかりにくいのです.日本の製造業で昔からよくいわれた“品質を工程でつくり込む”ことを発展させたものなのですが,製造工程はもちろんのことすべての仕事に当てはめようというものです.しかし,“プロセスアプローチ”という言葉は聞いたことがあるけど,どういう意味なのか?どんなメリットがあるのか?具体的に何をすればよいのか?がわからないという声が大変多いというのが事実です.
 筆者は“プロセスアプローチ”について,コンサルティングや研修などを通じて様々な組織に導入の支援をしていますが,特に研修においては終了後によく言われたことがあります.その研修には品質マネジメントシステムの責任者や担当事務局の方が多く参加されているのですが,「今回の研修に参加して私たちは“プロセスアプローチ”をよく理解できたつもりですが,これから会社に戻って“プロセスアプローチ”を社内に普及させなければなりません.そのためのよいテキストはないでしょうか?具体的に何をどう教えればよいのかがわからないのです.」と何人もの方から言われたのです.確かに“プロセスアプローチ”の実践つまり“品質をプロセスでつくり込む”のは品質マネジメントシステムの事務局ではなく,実際にプロセスに携わる人々なのです.そういう人たちにこそ“プロセスアプローチ”を理解してもらうためのテキストが必要だったのです.
 本書はこうした経緯から企画されたもので,各プロセスの責任者を含む一般の運用担当者向けにやさしく基礎の基礎から“プロセスアプローチ”を理解し,身につけていただくことをねらいとしています.したがって,わかりやすい表現を心がけました.Step1からStep10まで各ステップで学ぶべきことを設定して,順番に取り組むことで,自然と“プロセスアプローチ”が身につくことを目指しました.これが“プロセスアプローチへのStep10”なのです.
 また,より理解を深めていただくために代表的なプロセスの事例をプロセスアプローチの事例集に載せています.さらに,ISO9001:2015で強化された“プロセスアプローチ”について,ISO9001要求事項とプロセスアプローチとの関連をわかりやすく説明しています.最後にISO9000で定義されているプロセスアプローチにかかわる用語についても解説を加えています.これらによりISO9001に基づく品質マネジメントシステムを運用する組織にとって大変役立つ内容となっています.
 本文でも触れていますが,最終目的は“プロセスアプローチ”を身につけることではなく,“プロセスアプローチ”の実践により,組織にかかわるすべての人々が幸せになることです.“プロセスアプローチ”は目的ではなく,あくまでも手段であり,組織にかかわるすべての人々が幸せになることが目的なのです。この目的を忘れてはいけません.この目的をしっかり胸におさめたうえで本書を読み進めていただきたいと思います.本書を通じて,皆さんの最終目的が達成されることを期待します.
posted by kobayashi-keiei at 10:27| 日記

2016年06月25日

アイドリングストップ

2ヶ月前に車を替えました。アイドリングストップがついている車です。実は面白くて、アイドリングストップしている時間を累積で示す機能があるのです。この2ヶ月で3,000kmほど走りましたが、アイドリングストップの累積時間が8時間になっているのです。2ヶ月で8時間ですから、1年で48時間になります。丸々2日間です。1日に働いている時間が8時間だとすると、なんと稼働6日間が車の中で何もせずに信号待ちしていることになります。本当にびっくりしました。

しかし、これって仕事でも同じことが言えるのではないでしょうか?知らず知らずのうちに無駄にしている時間がいっぱいあるに違いありません。

一日一日の中で無駄な時間が無いか、もう一度チェックしてみましょう。
posted by kobayashi-keiei at 23:38| 日記

2016年04月14日

コミュニケーション能力

私は、あちこちで研修をやっているのですが、講義では分かりやすいように簡単な事例を話すようにしています。しかし、それだけでは心配なので講義が始まる時に「できるだけ事例を話しますが、皆さんの仕事そのものの事例を話すことはできないので、よく理解できなかった場合は質問をしてください。」と言うようにしています。受講生の中には積極的に質問をして疑問を解消し、目的を果たす人がいる一方で、なかなか質問をしない人が大勢います。「休憩時間や終了後でもよいから質問をするように。」と言うと、何人かの人は質問に来ます。おそらく質問するのが恥ずかしいとか、自分の質問で時間を取ってはいけないという気持ちからでしょう。しかし、全く質問しない人もかなりいます。本当にすべて理解できたのなら良いのですが、後でアンケートを見ると、「本当は○○について知りたかったけど、講師は話さなかった。」とか「自分の仕事の事例ではないので分かりにくかった。」と書く人がいるのです。しかも、かなり辛辣な表現をして評価も最悪です。質問をしてもらえば、いくらでも解説できたのに、質問をせず悪評だけするのです。明らかにコミュニケーションが不足している人たちです。積極的に質問して疑問を解消し学んでいく人、質問すらせずに不満だけ膨らませる人、10年もしたらとてつもなく差がつくでしょう。いや5年ですね。
なんでもかんでも与えてくれると思ったら大間違いです。コミュニケーションというのは、相手がしてくれるというものではなく、こちらから積極的にしなければならないものなのです。
posted by kobayashi-keiei at 18:42| 日記